数秘術から見た1という数字

トップページ > エンジェルナンバー1111のメッセージ > 数秘術から見た1という数字

数秘術から見た1という数字

1という数字はエンジェルナンバーでは『可能性、始まり』といったポジティブな意味を持ちますが、カバラ数秘術においては『始まり、成長、王冠、陽』などを意味し、ピタゴラス数秘術においては『統一、行動力、独立、男性』などを意味する数字です。


エンジェルナンバー、カバラ数秘術、ピタゴラス数秘術のどれにおいても、未来に向かって前進する力強いエネルギーを感じる数字であり、強い意志を持つリーダーをイメージさせます。

そのイメージ通り、数字の1を運命数に持つ人はどんな困難も乗り越えるバイタリティと、人々の先頭に立って指導するカリスマ性を持った人が多い傾向にあります。しかし、利己的で頑固な一面も持っており、少々とっつきにくい雰囲気を持たれることもあるようです。

恋愛においてはパートナーをグイグイ引っ張っていくタイプなのでのんびりした性格の人と相性が良いでしょう。どちらかと言えば頼るより頼られる方が性に合っており、自己主張の強い相手とは衝突が絶えないので長続きしないようです。

仕事では持ち前のリーダーシップと気風の良さで周囲を惹き付けるので、みるみるうちに頭角を現し組織の中心人物としてプロジェクトを率いることになるでしょう。しかし、気配りや根回しといった回りくどいことは苦手なので、あなたの補佐として行動してくれる人がいたほうが才能を十分に発揮できるかもしれません。